すばらしいワインはまず葡萄畑で造られる

特定の葡萄畑の区画に立つと、テロワールの輝きを感じることができます。 ロケーション、土地や葡萄品種の相互作用は、何世代にも渡りピーロート家により完成した。 格別な葡萄畑の素晴らしいリースリングや ヴァイスブルグンダーは我々の主要ワインを形成する。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
Weingut Pieroth Lagen
1

ブルク・ライヤー・ヨハニスベルク

  • ロッキーローム、シェール、クオーツサイト、黄土
  • 16〜33%の斜面の南東向き
  • 195から290 mの標高
2

ビンガーブリュッカー・ ローテンブルク

  • 黄土、岩砂質ロームおよびシャーレ
  • 東南東に面したヒルサイドの位置
  • 170から232mの標高
3

ブルク・ライヤー・ホェレ

  • 黄土、ローム、クオーツサイトとコングロマリット
  • 南東南向き、2〜25% の斜面
  • 195から290 mの標高
4

リューンメルスハイマー・シュタイン・ケプヒェン

  • 砂利質 – 砂質ローム
  • 東南東に面したヒルサイドの位置、急斜面
  • 210から290mの標高
5

ブルクライヤー シュロスバーグ

  • 赤い岩、珪岩、頁岩の割合で砂利ローム
  • 南向き、斜面:5〜40%
  • 155から216mの標高
6

ドルスハイマー・ピッターメンシェン

  • クォーツ、粘土スレート、緑色スレート、ストロベルガーライム、ミルククオーツ、フィライトの大きな玉石を含む砂・小石のローム
  • 南向き、斜面:40〜55%
  • 160から210 mの標高
7

ドルスハイマー・ゴルドロッホ

  • 青いデボンスレートとロッキーコングロマリット の一部を含む砂・小石のローム
  • 南南西に面した斜面:45〜55%
  • 150から210mの標高
8

ドルスハイマー・トロールベルク

  • 砂質ロームと黄土
  • 北西から北東に面した丘陵斜面と急斜面
  • 200から284mの標高
9

ミュンスター・サームシェイマーケーニッヒ・シュロス

  • 砂利質 – 砂質ローム
  • 東南向きの急な斜面
  • 140から280mの標高
10

ミュンスター・サームシェイマーリーベ・ホェレ

  • 砂質ロームと黄土
  • 東向き、丘の中腹、急な斜面
  • 180 m120から180mの標高
11

ミュンスターラー・ピッタースベルク

  • ローム、デボンからの灰色のスレートと風化岩
  • 南南東に面した斜面:20〜50%
  • 110から210mの標高
12

ビンガーブリュッカー・レーマーベルク

  • 鉱物硬度が非常に高い砂質ローム、黄土、石英
  • 北西向き、斜面:5〜40%
  • 150から185の標高

格別な葡萄畑

「ナーエのユニークなテロワールを備えたこれらの別々の区画から毎日最高を引き出す事-それは大きな偉業である。そして素晴らしい贈り物である。」オリバー・ドライス

オリバー・ドリース

ビンガーブリュッカー・レーマーベルク

ナーエ河口の景色は葡萄畑のテロワールと同様に印象的である。 合計6.83ヘクタール以上にわたる保温性のある土壌は最適な条件をもたらしている。 標高150〜185 m、北西5〜40%の斜面。

砂質ローム、黄土、珪岩から成る土壌は、ミネラルが豊富で、繊細な果実味を持つ力強い複雑なワインとなる。

ブルクライヤー
ホェレ

ブドウ園は南南東に面しており、バーグライエン村のすぐ隣にあり、高さ195〜290 mで2〜25%の斜面にあります。リースリングは主に4.7ヘクタールで植樹されている。

黄土、ローム、石、珪岩のある土壌は、フルーティーで、風味豊かなワインを生み出す。

ブルクライヤー シュロスバーグ

南向きの葡萄畑は標高155 ~ 216 mの敷地内にある。比較的なだらかな地域と並んで、一部の地域は40%の急勾配となる。 2.4ヘクタールの敷地の大部分にはリースリングが植樹されている。

砂利の多い砂質ロームと土壌に含まれる赤い岩、珪岩、粘板岩の要素は、魅力的なミネラル感と果実の酸味と長い余韻の後味を持つ繊細なワインを生み出す。

ピーロート
ワイン

素晴らしい場所からの素晴らしいリースリングとヴァイスブルグンダーは、ワインのポートフォリオの焦点を形成する。

ピーロート ワイン

© 2019 Weingut Pieroth GmbH. All rights reserved.