素晴らしいワインを知る人のみ素晴らしいワインを作ることが出来る

我々の未来への見識は、ナーエ川沿いの葡萄畑での作業に常にひらめきを与えている。 ピーロート家は世界中のとても美しいワインの地域を絶えず旅をし、早くから世界中に精通した。 真のコスモポリタンです。 それは現在も変わっていない。 ナーエ及びドイツワイン界のアンバサダーとして我々の経験と熱意をワインへと注いでいる。

ナーエ川沿いにあるピーロート・エステート

ピーロート・エステートはブルク・ライエンの中心に位置し、歴史に満ちた感動的な場所である。 ピーロート家は1675年にナーエ地域に定住し、20世紀初頭(300年前から)に素晴らしいワインの販売を開始した。

魔法の三角地

ライン川とナーエ川の合流点で、ラインガウ、ラインヘッセンとナーエのワイン産地によって形成された魔法の三角地にドイツの他の地域にはない、多様なテロワールが集ってる。 狭い地域内に180種類の土壌が存在し、 これはドイツでは非常に珍しくヨーロッパでも稀である。

ピーロート・エステート
ピーロート・エステート

ユニークな土壌の多様性

土壌構造の多様性は、我々エステートにも反映されている。 ピーロート・エステートのテロワールは主に5種類の土壌から構成されており、 他の土壌との組み合わせで複雑な土壌のバリエーションを造っている。

180種中
の5種
180

の土壌

2億8千万年前にフンスリュック山地から平地に流れ落ちた、粗粒で容易に暖まる堆積岩。 少なくとも50%の砂利またはスクリ―で構成されている。

桃、アプリコット、黄リンゴのほのかな香りをワインに作り出す。
コングロマリット

クオーツサイト

砂岩へと風化した堆積物。 山が形成されたときに、高圧と高温によって作られた非常に硬い岩。

桃やアプリコットのほのかな含みと印象的な果実の酸味をワインに作り出す。
コングロマリット

黄土

ナーエ渓谷のほぼ全面にある豊かで肥沃な土壌。 ツンドラからの肥沃な塵と腐植は、氷河期にフンスリュック山塊の前面に運ばれた。

力強い、フルボディのワインを作り出す。 ミラベルプラムや洋梨などの黄色に熟した果実味が主体となる。
黄土

シャーレ

海が後退した際に砕けやすい色のついた岩がナーエの下層部に沿って現れ、 激しい風化により、硬い頁岩がすり減った。

特徴的なハーブの含みを持つレモンやグレープフルーツ、桃の香りを作り出す。
シャーレ

砂利質 – 砂質ローム

水分をよく保持する軽い土壌。 氷河期を起源とし、水が溶けて石が引き裂かれ渓谷が作られた。 こんにち最も古い砂利質台地は現在の川の水位から80〜100 m上にある。

黄リンゴ、レモンやグレープフルーツの香りを持つ繊細で生き生きとしたワインを生み出す。
砂利質 - 砂質ローム
コングロマリット

の土壌

2億8千万年前にフンスリュック山地から平地に流れ落ちた、粗粒で容易に暖まる堆積岩。 少なくとも50%の砂利またはスクリ―で構成されている。 桃、アプリコット、黄リンゴのほのかな香りをワインに作り出す。

桃、アプリコット、黄リンゴのほのかな香りをワインに作り出す。
コングロマリット

クオーツサイト

砂岩へと風化した堆積物。 山が形成されたときに、高圧と高温によって作られた非常に硬い岩。

桃やアプリコットのほのかな含みと印象的な果実の酸味をワインに作り出す。
黄土

黄土

ナーエ渓谷のほぼ全面にある豊かで肥沃な土壌。 ツンドラからの肥沃な塵と腐植は、氷河期にフンスリュック山塊の前面に運ばれた。

力強い、フルボディのワインを作り出す。 ミラベルプラムや洋梨などの黄色に熟した果実味が主体となる。
シャーレ

シャーレ

海が後退した際に砕けやすい色のついた岩がナーエの下層部に沿って現れ、 激しい風化により、硬い頁岩がすり減った。

特徴的なハーブの含みを持つレモンやグレープフルーツ、桃の香りを作り出す。
砂利質 - 砂質ローム

砂利質 – 砂質ローム

水分をよく保持する軽い土壌。 氷河期を起源とし、水が溶けて石が引き裂かれ渓谷が作られた。 こんにち最も古い砂利質台地は現在の川の水位から80〜100 m上にある。

黄リンゴ、レモンやグレープフルーツの香りを持つ繊細で生き生きとしたワインを生み出す。

チーム

ワイナリーとセラーでの技巧はすべき事とすべきではない事で決定されている。

チーム

ディルク
フリーゼンハーン

コースを設定

ディルクは徹底的にワイン造りを学んだ熟練した樽製造人でありセラーマスターである。 ワインおよびスパークリングワイン業界の多数の有名な企業(シュロス・ヨハニスベルク、ヘンケル&ゼーンライン、セグラムを含む)で長年の経験を積んだ後、現在17年間ピーロートに在籍している。年にワイナリー経営を引き継いだ。

ディルクは品質について熱心で、世界中の多くのワインメーカーとの素晴らしい交流からインスピレーションを得ている。 ディルクの好奇心と新しい発見の喜びは、ワインだけでなく料理や食べ物への情熱にも反映されている。

オリバー
ドリース

クリエイティブなアーティスト

オリバーは血の中にワインが流れている。 彼の家族は家族所有の葡萄畑とエーベルバッハ修道院の葡萄畑であるヘッシッヒェン・シュターツヴァインゲンテルン・クロスター・エーベルバッハの両方において、ワイン造りの長い伝統の一部である。 アスマンスハウゼン・ステート・ワイナリーのマスターセラーとして、オリバーは高品質ワインの責任者だった。 アスマンスハウゼン・ステート・ワイナリーのマスターセラーとして、オリバーは高品質ワインの責任者だった。バーデンのラインガウとカイザーシュトゥール地域にある有名なワイナリーでの彼のキャリアの次のステップで、オリバーは様々なテロワールやワインスタイルで働く事によって、知識を広げた。 、葡萄畑とワインセラーのオペレーションマネージャーとして、ナーエ川沿いの土壌の多様性にチャレンジしている。

アンドレアス
グレゴリ

要素との日々の戦い

アンドレアスは熟練したワイン醸造家であり、17年間ピーロート・エステートに従事している。 彼はナーエ地域のワイン醸造業者の家族出身で、 専門知識を駆使し、葡萄畑での全ての作業が順調に進行するようにする。 余暇には養蜂家として自然と密接に繋がりのあるワインのように様々な風味の蜂蜜(彼を取り囲む自然界の本質)を楽しんでいる。

ノーバート
シュトゥルム

要素との日々の戦い

ノーバートの場合、ワイン造りが家族で行われていた為、マスターワインメーカーになるまでの彼のキャリアへの道筋は、ほぼ最初から計画されていた。 自然とワイン造りに対するノーバートの情熱は彼が仕事を始めた時と同じくこんにちも高い。 土壌と植物を扱う彼の技術は16年前から我々のワインの基礎を形成している。 ノーバートが自分の休暇を取ることを許すなら、船でワインの要素に取り組むのを好む – もちろん良質のワインと共に。

レナート
フリーゼンハーン

セラーでの優秀な助手

レナートはワイン生産家の出身で、家族のワインへの情熱を持ち続けている。 ガイゼンハイムの葡萄栽培学の有名な大学での研究に加え、彼はピーロート・エステートで実践的な経験を得ており、特にセラーの作業でオリバー・ドライズをサポートしています。 真に個性的な人間である彼は、革新を好み、ワイン造りの新しい概念に興味を持っている。 ワインの傍ら、すばらしい「Äppelwois」(リンゴワイン)の生産を含む地域の伝統を育むのが趣味である。

ピーロート
ワイン

素晴らしい場所からの素晴らしいリースリングとヴァイスブルグンダーは、ワインのポートフォリオの焦点を形成する。

ピーロート ワイン
© 2019 Weingut Pieroth GmbH. All rights reserved.